印鑑の発祥を追う

  • RSS

「判子」や「印」など印鑑は色々な名前で呼ばれています。
なぜ、こんなにもたくさんの名前があるのか、それはどうやら長い歴史にその理由がありそうです。

約5000年前の古代メソポタミア、それが印鑑の歴史の始まりです。
その頃の印鑑は、どうやら今とは使われ方が違っていたようでした。 印面に印影が反転して描かれているのは同じですが、 朱肉やインクなどをつけて押し、文字が読めるようなものではなかった可能性があるのです。
ただ、今も昔も何かの証明のために使用されていたらしいことはわかっています。

古代エジプトの時代(約3000年前)になると、印鑑には文字が彫られるようになります。 古代エジプトの文字は「ヒエログリク」と呼ばれており、日本語では「神聖文字」と訳されます。 印鑑は甲虫(スカラベ)を模したもので、これはツタンカーメン王の墓からも数多く発掘されました。

中世に入ると、ヨーロッパ各地で印鑑は富の象徴として用いられるようになります。 王族や貴族がそれぞれの印として書簡の封印や認証に使っていました。
また、現在の研究で、世界各国で発掘された印鑑の分布を調査し、 四大文明との関わりや交易の歴史などを明らかにする手がかりとして期待されています。 特に東アジアで盛んな印鑑文化ですが、 その発祥を追うと印鑑が歩んできた道が世界の広い範囲にわたっていたことが伺えます。

もしも、海外へ旅行することがあったなら、ぜひ印鑑にも一度興味を持って目を向けてみてください。 きっと意外な発見があるかもしれません。。

判子について Yahoo!知恵袋 最新ベストアンサー

印鑑で訂正する
http://www.acanetv.com/

このページの先頭へ